リラクゼーション効果の高いアロマテラピーは、心を落ち着かせるだけでなく、
疲労回復や肌トラブルなどの健康や美にも高い効果があります。

元々は、心と体をリラックスさせたり、肌トラブルなどの改善を目的として
女性から人気を集めていましたが、

その効果が広く認められ、ここ数年では新たな健康法やストレス発散法として
男性からも注目されるようになりました。

アロマテラピーには、精油と呼ばれる花や葉などから採取できるエッセンシャルオイル(アロマオイル)を使用し、自然の香りを楽しみながら施術を行っていきます。

アロマオイルには、心だけでなく疲れた身体や筋肉などにもリラックス効果があるとされており、自然で優しい香りとマッサージを組み合わせてさらにその効果をアップさせます。

アロマオイルは乾燥にとても強く、肌をすべすべにしてくれますので、
入浴後のボディケア、フェイスケアに最適です。

香りの種類も様々で、よりリラックス効果が強いものなどを使用すれば、
精神的に不安定な心も落ち着かせることができます。

心のリラックスは、美容や健康の根本であるとされており、その効果が強いアロマテラピーは、ストレス社会と呼ばれる現代の社会人にとってまさにうってつけです。

その人気が高まるにつれ、アロマテラピーを受けられる施設はどんどん増えており、
近年では専門店やエステだけでなく、マッサージ店やスパ、スーパー銭湯や健康ランドなど多くの場所で取り入れられています。

お好みの香りのアロマオイルをコットンに数滴垂らし、就寝時に枕元においておくだけで、毎日の睡眠の質がぐっとよくなり疲れも取れやすくなります。

香りの持続性を高めるのであれば、アロマポットかディフューザーといった
専用グッズを使用するとより良いでしょう。

日々のストレス解消や美容法として、アロマのある生活を初めてみてはいかがでしょうか。

10代などの若い頃はニキビ、大人になると吹き出物なんてよく言いますが、
根本的には同じようなものです。

ニキビも吹き出物も、皮脂と細菌が原因とされています。

ホルモンバランスが崩れ濃度が高まり、皮脂が過剰に分泌されることによってできるのが、
ニキビや吹き出物です。

思春期などの成長期には、様々なホルモンが活発に分泌されています。

大人になるにつれ、ホルモンバランスは安定してくるため、
本来であればニキビは出来にくくなります。

しかし、ストレスや食生活などの生活習慣が原因でホルモンバランスが乱れ、
大人でもニキビができることがあります。

それが俗にいう吹き出物というわけです。

最近では、この吹き出物は「大人ニキビ」と呼ばれ、
多くの大人が悩んでいる肌トラブルの一つとなっています。

大人ニキビの原因もホルモンバランスの乱れが関係しています。

社会人になり、毎日忙しく働き十分な睡眠と休息が取れていない不規則な生活や、
なかなか発散することができないストレス、
そして、肉類を中心とした高カロリー高脂質の食生活の欧米化などがホルモンバランスが乱れる原因となります。

ですから、規則正しい生活リズム、和食や野菜中心の食生活、適度な運動や息抜き、
この3つが大人ニキビ解消の鍵となります。

とは言っても、仕事上生活リズムを整えることは簡単ではないかもしれません。

また、一人暮らしの男性など料理が苦手な人も多いでしょう。

なかなか思うように改善できない場合には、ニキビ専用の化粧品を
使用してみてはいかがでしょうか。

化粧品と聞くと、男性は手が出しにくい人もいるかもしれませんが、
ニキビケア化粧品は男性からも大変支持されており、
様々な種類が販売されていますので、自分の肌質に合ったものが必ず見つかります。

近所のドラッグストアなどで手軽に購入することもできますし、
インターネット通販でも品ぞろえは大変充実しています。

顔は常に露出されている部分のため、何かしらの悩みを抱えている女性がほとんどです。

より美しくありたいと思う女性にとって、顔に関する悩みは様々で尽きることがありません。

その中でも、あと一回り、あと数ミリで良いから「小顔になりたい!!」
と願っている人は多いのではないでしょうか。

肌のトラブルと違って、顔の大きさは骨格のせいだとあきらめてしまっていませんか?

もちろん、骨格そのものを自分の力で変えてしまうことはできません。

しかし、小顔になる方法は沢山あるのです。

フェイシャルエステでは、肌を美しくするだけでなく、小顔にする目的もあります。

美容外科でも小顔になるためのコースが人気です。

美容外科と聞くと少し構えてしまいがちですが、
最近ではずいぶん身近な美容サービスになってきています。

ボトックス注入という筋肉に作用し対象の部分が痩せていくといったものが人気です。

エステや美容外科に行かなくても、自分で手軽にできる方法も沢山あります。

小顔(美顔)ローラーは、発売以降常に人気の美容グッズで、
今では様々な形状、種類のものがそろっています。

すぐに効果がでるわけではありませんので、途中で諦めてしまったり、
効果が無いと誤った判断をしてしまう人も多いのです…

しかし、小顔(美顔)ローラーやセルフマッサージなどは、
毎日コツコツ続ける事で必ず効果が表れます。

表情筋を引き締め、鍛えることで、顔全体がスッキリとしてきます。

ただし、どの方法でもすぐにやめてしまっては意味がありません。

また、メイクの方法やヘアスタイルをほんの少し工夫するだけでも、
小顔に見せることができます。

顎のラインや頬などの見え方によって、顔回りの印象はずいぶん変わってくるんですよ。

年齢とともに進行する肌のたるみに悩み、年齢のせいだから
どうすることもできないと諦めていませんか?

年齢を重ねるごとにどんどん進行していくたるみも、実は毎日のケアの積み重ねで、
十分改善させることが可能です。

ただし、すぐに効果を得ることはできません。

たとえ数分間の短時間でも、毎日繰り返し行うことでその効果が実感できます。

たるんでしまった肌を引き締め持ち上げる、「リフトアップ」という言葉を
耳にしたことがあるかと思います。

リフトアップのためのマッサージをほんの数分、
ただし毎日行うことがたるみ改善の秘訣です。

肌がたるんでしまう原因は、重力に負けて肌が下がってしまったり、
表情筋の衰えなどが挙げられます。

表情筋を鍛えることで、重力に逆らい抵抗できるようになり、
たるみが改善されるというわけです。

効果的であり、自分でも手軽に行うことのできるリフトアップ法としては、
あ、い、う、え、お とかなり大げさに口を開く「あいうえお運動」や、
根本が疲れるぐらい思いっきり舌を出し数秒キープする「舌運動」などがあります。

これらの顔運動は、たるみの改善だけでなく、表情筋が鍛えられることにより
小顔効果も期待できます。

リフトアップマッサージにも様々なやり方がありますが、
どれも継続して続けることでその効果が期待できます。

また、リフトアップに効くバンドやテープなどのグッズも色々と販売されており、
比較的安価なものが多いですので、積極的に試してみてはいかがでしょうか。

目の下にできる「クマ」…

ファンデーションを何重にも塗り、目元だけ厚化粧になってしまったり、
隠すつもりが余計に目立つ結果になってしまったりと、
「くま」を隠すのはなかなか難しいと思います。

肌が美しい女性やメイクがとても上手な女性でも、目の下にくまがあることで、
老けて見えたり不健康そうに見えたりしてしまいます。

くまができる原因は、睡眠不足だと認識している人は少なくありません。

決して間違いではありませんが、十分な睡眠をとっていてもくまは簡単にできてしまいます。

それは、根本的な原因が「血液の流れ」にあるからです。

目の周りの血液の流れが悪いと、目の下に血液がたまってしまいます。

このたまってしまった血液こそが、やっかいなくまの正体です。

つまり、目の周りの血液の流れを改善させることで、
くまを解消することができるという事になります。

目の周りに限らず、血行促進にはマッサージが非常に有効なケア方法となりますが、
目元のマッサージは他の部分より注意が必要です。

目元はとても皮膚が薄い部分になりますので、マッサージのやり過ぎや、
力の加減ができていないと逆に肌を傷つけたりシワができやすくなったりしてしまいます。

正しいマッサージ方法として、まずクリームやオイルなどを使用し、肌の滑りを良くします。

それからマッサージに入りますが、力を入れる必要はありません。

撫でるぐらいの感覚で丁寧に指の腹を滑らせてるようにマッサージしていきます。

目元は顔の中でもとてもデリケートで、乾燥しやすい部分です。

マッサージ後には保湿クリームなどを塗って、乾燥対策も忘れずに行いましょう。

くまを隠すメイク術としては、イエロー系のコンシーラーを軽くのせて肌に馴染ませたあと、
ファンデーションを薄く塗ります。

隠そうとして厚塗りしてしまうと逆に目立たせてしまいますので、
通常のメイクより薄くするぐらいの気持ちで塗ると良いでしょう。

肌の血の流れや新陳代謝が影響し、これらの機能が低下することにより起きる、
肌トラブルのひとつにくすみがあります。

くすみに悩んでいる女性はとても多く、ニキビや吹き出物もない綺麗な肌であっても、
くすんでいるせいでその美しさが半減してしまっている人も少なくありません。

美白効果のある化粧品も数多く販売されていますが、
これらを使用してもなかなか効果を実感できていない人も多いのではないでしょうか。

もちろん、使用している化粧品自体の効果の大小もありますが、
大半は根本的な原因が解消できていないことによって、
その効果が十分に発揮されていないことがほとんどです。

根本的な原因とは、肌の血行を良くするということです。

血の流れが悪いと、同時に新陳代謝も悪くなります。

逆に、血の流れが良くなることで、新陳代謝も活性化されます。

血行促進には、マッサージがとても有効で、特にリンパマッサージは
血液の流れや新陳代謝が活発になる非常に効果的な方法です。

毎日数分間、リンパをマッサージしてあげることで、くすみの解消につながり
美白効果が期待できるほか、

むくみも解消されますので、小顔効果も同時に得ることができる
まさに一石二鳥な方法なのです。

血液の流れや新陳代謝を良くする他には、角質除去効果のある化粧水などを使用し、
古い角質を落とすケアをすることも重要です。

肌は常に新しいものに生まれ変わっています。

古い角質が表面に残っている事で、くすみや肌荒れを引き起こす原因となります。

世の女性の多くが抱える肌の悩みの中に、シワがあります。

年齢とともに目立つほうれい線や目じりの小ジワは、
女性の見た目年齢をぐっと引き上げてしまいます。

 

シワも、シミと同様に毎日のケアで防ぐことができます。

年齢によるものと諦めず、正しいケアでハリのある肌を手に入れましょう。

また、目の周りなどの皮膚が薄い部分は、
早ければ20代前半で細かいシワができ始めることもあります。

小さなシワは、いずれ大きく深いシワに進化してしまいますので、
シワ対策のスキンケアはできるだけ早めに行うようにしましょう。

シワの原因って?

シワができる原因は、紫外線じわや、乾燥じわ、表情じわ、筋肉老化じわ、痩せじわなど、
シワのできた場所や種類によって異なります。

中でも、乾燥じわは20代の若いうちでもできやすいため、
早めにケアを始め、注意が必要です。

肌が乾燥してしまい、潤いを失うと、表面がカサカサしてきます。

そして、自分ではすぐに気が付かないような細かいシワができ始めます。

乾燥じわの予防、ケアには、保湿をすることが重要です。

肌も水分補給が必要なのです。

 

クリームや化粧水をこまめに使用したり、同時にマッサージを行うなどのケアが有効です。

特に、秋から冬、そして春先は空気が乾燥しているので、
部屋の湿度などにも気を配りましょう。

目の周りや口元などは特に乾燥しやすく、シワができやすい部分になりますので、
専用クリームなども積極的に使用してみましょう。

ヒアルロン酸を注入することで、シワを解消することは出来ますが、
その効果は永久ではありません。

定期的なケアが必要となりますし、お金もかかります。

毎日のケアの積み重ねで、シワのできにくい肌作りを意識しましょう。イラスト

年齢による肌の悩みの一つとして、シミがあります。

年齢を重ねると共に増えていくシミに悩んでいる女性は少なくありません。

年齢によるものだから仕方がないと諦めている人も多いのではないでしょうか?

 

実は、正しいケアを行うことで、シミによる悩みを解消することができます。

シミが増えるのを防ぎ、美しい肌を保つためには、
シミができるメカニズムについて理解しておく必要があります。

「シミ」とは何なのか?

シミができる主な原因は紫外線です。

紫外線を浴びると、メラニン色素が生成されます。

このメラニン色素が肌に沈着することがシミができる原因となります。

 

若いうちは新陳代謝が良く、肌が活発にターンオーバーを繰り返しています。

そのため、すぐに新しい肌に生まれ変わりメラニン色素が沈着しにくいため、
若ければ若いほどシミができにくいのです。

しかし年齢を重ねていくごとに、新陳代謝機能も衰えていってしまうため、
メラニン色素が沈着しやすくシミができやすい肌質になっているのです。

シミはどうやってできるの!?

シミは、ある日突然できてしまうようなものではありません。

目には見えなくても、「シミ予備軍」が肌には沢山潜んでいます。

デパートなどの化粧品売り場などでは、肌に特殊なライトを当てて
シミ予備軍を確認してくれるようなスキンチェックを行っているところもあります。

 

シミの元となるメラニンは、年齢を重ねるごとに肌の奥深くに沈着していきます。

少しずつ肌の表面に浮かび上がって、ハッキリと目で確認できるようになったものが
いわゆるシミとなります。

「シミ予備軍」とは、まだ表面に上がりきっていない肌の奥に沈着している
メラニン色素のことを指します。

日常生活の中で、まったく外出することが無い人はほとんどいないと思います。

外にでれば、当然微量であっても紫外線を浴びてしまいます。

日焼け止めや紫外線吸収を抑えるクリームなどを使っている人も少なくないでしょう。

また紫外線は、季節や天気によって、量に違いがあるだけで、
曇りの日や夏以外の季節でも発生しています。

 

まだ息をひそめて隠れているシミ予備軍があっても、
毎日のケアで改善することができます。

すでに表れてしまったシミも、できる限り薄く目立たなくすることも可能です。

ただし、シミのケアは毎日の積み重ねが大切であり、
すぐに効果が出る方法はありません。

もちろん個人差はありますが、長期戦になりますので、
諦めずに根気よく続けていくことが重要です。

「シミ」に有効な成分といえばコレ!

すぐに始めることができ、有効な方法ではビタミンCが有名です。

サプリメントや食事から摂取することもできますし、
シミに有効な成分を多く含んだ化粧品やケア用品も沢山販売されています。

美白化粧品と言われる化粧品の中には、このようなものが多くあります。

ビタミンCの他に、シミに効果的な成分として、
アルブチンハイドロキノンといった成分があります。

すでにできてしまったシミには、このハイドロキノンという成分が
非常に有効であるとされています。

人生の前半では、年を重ねることを「成長」という言い方をします。

ある程度大人になり、人生の後半近くになってからは「加齢」や「老化」
というような言い方に変わり、それをエイジングと呼びます。

近年では、この老化に抵抗するというような意味合いの
「アンチエイジング」という言葉が頻繁に使われるようになりました。

体力の衰えや免疫力の低下なども年齢を重ねることによって感じるようになりますが、
女性にとっては、加齢によって身体に様々な影響があります。

これらをできる限り小さくするのがアンチエイジングで、
最も気になるのは肌に関する悩みではないでしょうか。

シワが増えたり、シミやそばかす、くすみなども、
肌が老化している事が原因で起こります。

年齢による新陳代謝の衰えや、これまで吸収した紫外線などが蓄積したものが影響し、
肌のトラブルを引き起こします。

 

最近ではアンチエイジング効果を主とした、
エイジングケア化粧品が数多く販売されています。

肌の調子が良くなったり、以前よりも若く見られるようになったなど、
女性としては非常に喜ばしい結果が期待できます。

アンチエイジングを目的とした化粧品には、肌の新陳代謝を良くしてくれたり、
紫外線によるメラニン色素の生成などを抑えてくれるようなものが多いです。

肌トラブルの根底からケアしてくれるため、老化を止めるだけでなく、
毎日のケアを続けることで肌の状態を若返らせる可能性があるんですね!

また、ケアしたい目的に合わせた化粧品も色々と販売されていますので、
自分の悩みに合わせたスキンケア化粧品を選ぶことができます。

年齢による老化と諦めてしまう前に、毎日使用する化粧品を、
エイジングケア化粧品に変えてみてはいかがでしょうか?

スキンケアには、より美肌になるための正しい順番と方法があります。

せっかく気を付けてケアしているつもりでも、間違ったやり方でケアしていても、
化粧品の効果を十分に発揮させることはできません

スキンケアは、
①メイク落とし
②洗顔(クレンジング)
③化粧水
④美容液
⑤乳液
⑥クリーム
の順でお手入れしていきます。

それでは、それぞれの正しい使用方法について説明していきます。

メイク落とし
まず初めに、しっかりとメイクを落とします。

化粧下地やファンデーションなど、綺麗に落としきれていないと、
その後何をつけても肌にしっかり浸透していかず、意味がありません。

メイクの濃さや使用した化粧品、時間の長さに関わらず、
メイク落としはじっくり時間をかけて行います。

ただしこの時、乱暴に肌をこすりすぎるのと逆に肌の表面が傷んでしまいますのでNGです。

洗顔(クレンジング)
メイクをしっかり落としたあとは、通常の洗顔料でもう一度顔を洗います。

メイク落としの時と同様、強くこすりすぎてはいけません。

洗いすぎると、汚れだけでなく必要な油分も流されてしまい、
乾燥肌などのトラブルにつながる場合もあります。

出来る限り洗顔料を泡立てて、泡を顔全体にやさしく滑らせるようにして洗っていきます。

流すときは少し冷たいぐらいの「ぬるま湯」が良いでしょう。

優しく洗い終わったら、清潔なタオルで水分を拭き取ります。

この時も、ゴシゴシと擦るのではなく、そっとタオルを顔に押し当てるようにして
拭いていきます。

化粧水
メイクを落とし、クレンジングで汚れを落としたら、次は化粧水です。

高価であればなんでも良いわけではありません。

乾燥肌やオイリー肌など、自分の肌に合った化粧水を使用しましょう。

少し多いかな?と感じるぐらいに、たっぷりと手に取り、顔全体に染み込ませていきます。

特に気になる部分には、滴るぐらいの化粧水をコットンに染み込ませ、
パックするようにのせて数分待ちましょう。

美容液
美容液は、必ず使わなくてはいけないわけではありませんし、
美容液成分の入った化粧水もあります。

しかし、毎日は面倒でも数日に1回ぐらいは使用したほうが、
健康で若々しい肌を保つことができます。

美容液を使用する時は、化粧水の後に顔全体に染み込ませるようにして、
馴染ませていきます。

浸透力が落ちてしまいますので、必ず乳液の前に使用しましょう。

乳液
最後に、乳液で肌に潤いを与え、これまで肌に与えた水分と
美容成分をしっかりと閉じ込めます。

この時、顎のラインと頬から目尻にかけて、優しくマッサージしてあげるとより効果的です

クリーム
就寝前には最後にクリームを塗って、睡眠中の乾燥などのトラブルから肌を守ります。

朝の場合は、日焼け止めや美容液成分の入った化粧下地をつけ、メイクをします。

イラスト
この順番を忘れないようにしましょう!!